横綱が土俵入りで締める綱を再現、「横綱ミニチュア」を一新し仲間入り

Pocket

このほど、国技・相撲で横綱が土俵入りで締める綱を小型化し、再現した「横綱ミニチュア」が国産大麻(精麻)の製品に仲間入りいたしました。

横綱の締めるこの綱のことを”横綱”といい、これは外から見るとわかりませんが、さらし木綿の中にやわらかくした精麻と銅線芯でつくられています。横綱メイキングYouTube動画(約10分30秒)

土俵入りの型によって「雲竜型」と「不知火(しらぬい)型」の2種類があり、綱の背面の輪の数は「雲竜型」が1つ、「不知火型」が2つになります。ちなみに現役の白鵬関、照ノ富士関は不知火型です。

その名の通り、この綱を小型化したのが横綱ミニチュアです。

すでにものとしてはありましたが、サイズ、価格、箱、飾り方をも含めて見直し、職人が自信作ができました。

国産大麻(精麻)・横綱ミニチュア(雲竜型)
国産大麻(精麻)・横綱ミニチュア(雲竜型)
国産大麻(精麻)・横綱ミニチュア(不知火型)
こちらは不知火型。
綱の部分。(写真は雲竜型)
綱の部分を斜め上から。(写真は雲竜型)

神聖かつ力強さが伝わりますか?(精麻が外からは見えず、「感じる」ようになっていて、目に見えないものを大切にという、さぬきいんべ的製品と思っています)

お祝い、お守り、飾り、オフィスやお店に、またコレクションとして。

さらに、現役時代の最高位が横綱である元力士が還暦(60歳)を迎えた際に「長寿祝い」として行われる還暦土俵入りの綱を再現した赤色の綿布を巻いたものもお選びいただけます。

還暦土俵入りの綱(赤色)を再現した「横綱ミニチュア」。
還暦土俵入りの綱(赤色)を再現した「横綱ミニチュア」も。

飾る際の国産ヒノキの置き台、紺色のフェルト布、化粧箱(和紙貼り箱)入りです。しかも中に入っている精麻の見本付き、さらにさらに、1300年つづく、相撲はなぜ神事か?の解説をおつけいたします。

7月におこなわれた照ノ富士の横綱昇進伝達式での口上は「不動心を心がけ、横綱の品格、力量の向上に努めます」だった由。令和初の横綱で時代が変わる(本来の姿になる)のかもしれません。照ノ富士の土俵入りは師匠の伊勢ヶ濱親方(元横綱、旭富士)と同じ「不知火型」になり、“せり上がり”のとき両手を伸ばします(綱の背面の輪の数は2つ)。

横綱・照ノ富士の綱打ちYouTube動画(1分弱)

この照ノ富士の綱打ちと同じ日に、延期になっていた伊勢ヶ濱親方の還暦土俵入りで締める赤い綱の綱打ちも行われたそうです。

照ノ富士の初土俵入り、伊勢ヶ濱親方の還暦土俵入り楽しみにしております!